学校の芸術鑑賞(演劇・朗読劇)の「劇団 新制作座」へよくいただくご質問はこちら

  1. 新制作座 ホーム
  2. よくあるご質問

よくあるご質問

新制作座へのよくあるご質問

Question

Q.体育館でも上演可能ですか?
Q.作品の対象年齢について教えてください。
Q.「泥かぶら」の子役、村の童は本番の舞台までどんなお稽古をするのですか?
Q.公演決定後のスケジュールはどのようになっていますか?
Q.主催者側で準備が必要なことは何ですか?
Q.公演の契約方法にはどのような形があるのですか?
Q.会場使用料の扱いはどのように考えたらよいのですか?
Q.公演料はどのように支払えばよいのですか?


Q.体育館でも上演可能ですか?

Answer
間口6間(10,8M)×奥行き2間半(4,5M)の舞台面と150Aの電気量が必要です。
奥行きが狭い場合張り出し(90M~180M)も可能です。
電気量が不足の場合は、電源車の利用で補うこともできます。


Q.作品の対象年齢について教えてください。

Answer
「泥かぶら」は小学校低学年~一般の大人を対象に幅広くご覧頂いています。
小学生の場合、鑑賞の手引きをご用意しています。
「万国旗の子」は、中学生~一般の大人を対象にご覧頂いています。


Q.「泥かぶら」の子役、村の童は本番の舞台までどんなお稽古をするのですか?

Answer
セリフを抜き書きした村の童用の台本とビデオを公演の1ヶ月前までにご郵送いたします。
「童歌2曲とセリフを一言」憶えてください。
公演前日又は当日の本番の舞台が仕込み終えたところで、
楽屋にて衣装合わせ・かつら合わせの後、舞台稽古を行います。
当日の舞台には、劇団の舞台俳優(子役)が一緒に童役で出演いたします。楽しく伸び伸びと演じてください。
ご要望に応じて出前稽古もいたします。


Q.公演決定後のスケジュールはどのようになっていますか?

Answer
公演決定後は、書面にて契約を行います。
1, 日程・料金などが明記された契約書を劇団新制作座から郵送します。
2, 内容をご確認いただいた後に学校長の押印をしていただき、劇団新制作座までご郵送ください。
これで契約完了です。
公演の2ヶ月前になりましたら当日のタイムスケジュールの打ち合わせを行います。
芸術鑑賞当日には、舞台監督・公演担当者と学校の芸術鑑賞担当の先生で最終の打ち合わせを行い
本番の舞台の幕を開けます。先生方もご一緒に舞台をご覧ください。
公演終了後は、規定の公演料のお振込をお願いします。領収書が必要な場合はご連絡ください。

以上が一般的な芸術鑑賞の流れです。
そのほかご質問・ご要望がありましたら、お気軽に担当者までご連絡下さい。


Q.主催者側で準備が必要なことは何ですか?

Answer
公共ホールでの公演の場合は特にありませんが、開演前に舞台監督と劇団の公演担当者、
そして主催側の芸術鑑賞担当者の三者で最終打ち合わせを短時間でお願いしております。
学校体育館の場合は、まず前日のうちに体育館のステージ上とその両脇の用具入れの清掃をお願いいたします。
(両脇の用具入れを楽屋として使わせていただきます。)
また、長机7台とパイプ椅子10脚、冬はストーブをお借りする場合があります。
食事のためのお部屋を一室お借りできれば助かります。


Q.公演の契約方法にはどのような形があるのですか?

Answer
公演料の契約方法には次の二通りがあります。
単価契約
1人当たりの料金だけを決定し、「当日鑑賞した人数×○○円」という形で契約する。
総額契約
当日鑑賞した人数に関係なく、「公演料○○万円」という形で契約する。


Q.会場使用料の扱いはどのように考えたらよいのですか?

Answer
以下の二通りがありますので、学校のご都合に合わせてお選びください。
1, 公演料とは別に会場使用料は学校で負担する
2, 公演料に会場使用料も全て含み、「会場使用料込み○○万円」とする
(2)の場合は会場使用料振込後にその残りの金額を公演料としてお支払いいただくことになりますが、
その際は領収書のコピーなど、会場使用料の総額が分かるものをFAXなどでご提出ください。


Q.公演料はどのように支払えばよいのですか?

Answer
新制作座では、通常「公演終了後一週間以内に、銀行振込」でお願いしております。
教育委員会主催の鑑賞行事など、行政の手続きで期間に規定がある場合は、その範囲でお振込を頂いております。
また、大変恐縮ではありますが、振込時の手数料は主催者負担で基本的にはお願いしております。
公演料の支払いに関して不都合な点がある場合は公演担当者にお気軽にご相談ください。


ページトップへ